㈱松原工務店一級建築士事務所

技に感心、住んで安心~常識ある設計を目指して~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

木構造金物の話

 どうも仕事が充実するとサボり気味になってしまうブログですが、更新しておこうと思います。
 今日、年明けからお世話になっています新築現場の中間検査を受けました。担当建築主事による、建築確認図書内容の照合と構造体の補強が適正に法規通りなされているか?の検査で、結果としては「問題特になし」。「来週検査済証を交付します。」との事でした。めでたし!しかし、最近補強金物が多すぎるんじゃないか?と。私はいつも思うのですが、地震力が限界を超えたとき倒壊を防いだり、時間を稼ぐのにホールダウン金物や羽子板ボルトはとても有効で、「誰が考えたんやろ?」と感心しますが、やたらに釘を打ちつけなければならないプレートの類や、柱や梁をボルト穴だらけにする金物には疑問を感じています。確かに実験やデータに有効性を裏付けされた物であるのはわかりますが。・・・必要な数量を適材適所に使用するのが理想であって、計算式によるトータル壁量だけで判断するのではなく、その他間取りや、壁、柱の整合や上下階の偏心をふまえて建物一体として安定した構造を形成しているということを、もっと簡単に表現する方法はないものでしょうか? おそらく、まともな設計士や棟梁なら当たり前のこととして実践されているでしょう。ともあれ、建築基準法を勝手に解釈、判断するのは大変危険ですし、建築士としてあるまじき行為だと思います。みなさんはどう思われますか?
スポンサーサイト
  1. 2007/02/02(金) 23:16:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<いろいろありまして | ホーム | 今年も宜しくお願いします。>>

コメント

もう春ですね

1本投稿しておられますね。(*^_^*)
2回目のセミナー受けられた方はどんどんと更新しておられます。継続してくださいよ。
  1. 2007/02/19(月) 19:26:09 |
  2. URL |
  3. ぶんちん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matsubaman.blog49.fc2.com/tb.php/12-7ded0fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

まつばら

Author:まつばら
 つい最近まで仕事好きのパソコン嫌いだった私!
ブログなんてぇものが、いつまで続くのか?乞うご期待!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。