㈱松原工務店一級建築士事務所

技に感心、住んで安心~常識ある設計を目指して~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

進捗状況

 先日紹介しました現場の進捗状況ですが、内部、内装工事終了しまして現在設備機器取付の状態です。このあと建具吊込み、家具、美装工事へと進んでいきますが、手造り手洗い器や食品庫など、仕上がり次第報告したいと思います。
 さて外廻りですが、ようやく足場を撤去し設備配管や外構工事中です。
外観1

外観2

 外壁は先日紹介したALC板+吹付けタイルですが、バルコニーは重量も考慮して、ウレタン裏打ちガルバ鋼鈑サイディングを採用しています。ホワイトの外壁にアクセントとして「オーシャンブルー色」となっています。
じつは隣接する母屋が、モルタル外壁、和瓦葺きの和風住宅なんですが、増築などの場合雰囲気を中途半端に合わせるより、今回のお宅の様に思い切って全く違う建物を並べるというのも意外とおかしくないものでこれもアリやな!と思いました。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/21(水) 12:07:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

いろいろありまして

 更新が1ヶ月以上空くぐらいバタついておりまして、とりあえず今お世話になっています現場の状況を報告しておきます。
 木造2階建てで、平焼き瓦葺き、外壁ALC板のお宅です。
吹付け断熱

ALC

外壁に使用しているALC板は(軽量発泡コンクリート)対候性も断熱性も優れており木造の大壁工法と組み合わせることによって、いわゆる「外断熱工法」となります。もちろんこの写真のままでは吸水性がありますから、塗料吹付けなどの処理をして利用しますが、内部は構造用合板で補強の上、現場発泡断熱材が吹付けてありますのでかなり高気密、高断熱が期待できると思います。もっとも窓廻りの処理や、換気計画には注意が必要ですが。
配管ヘッダー

内部洗面所の床下の写真です。左のオレンジ色が給湯配管で右の青色が給水配管です。10年ほど前には一部の住宅メーカーしか採用していなかった、配管のスタート金具です。この金具から各設備機器の位置までは配管ジョイントがなく、施工不良や振動などによる破損が激減するのは明らかです。万一のトラブルでも位置が特定でき、最小限の被害で済むでしょう。配管材質の科学的なトラブルがあれば別ですが。・・・
設備業者さんのアドバイスと協力で最近は全ての新築物件で採用しています。
 実をいうと、現場はもう少し進んでおりまして写真資料にあわせて報告させてもらっていますので、次回は内部造作などもっと家らしくなってきたところを報告したいとおもいます。
  1. 2007/03/05(月) 23:21:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

まつばら

Author:まつばら
 つい最近まで仕事好きのパソコン嫌いだった私!
ブログなんてぇものが、いつまで続くのか?乞うご期待!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。