㈱松原工務店一級建築士事務所

技に感心、住んで安心~常識ある設計を目指して~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オープンハウス続き

 前回ブログでご紹介したお宅の内部をまだご紹介していなかったので、オープンハウス続きと題してご紹介します。

 
岡原LDK

18帖のLDK。お客様からの「薄めの色で自然な感じ」というご相談から、杉の腰板貼りと織物調クロスを採用。

岡原LDK3

キッチン側より。ヘリ無し畳スペース6帖となっています。撮影時点では照明器具が届いていませんでしたので悪しからず!

岡原寝室
岡原ウォークイン
 2階寝室とウォークインクローゼット。寝室の照明はメインの照明を止めて、枕元に間接照明や埋め込みダウンライトをいくつか設置しています。よくモデルハウスなどでは見かけますが、実際は設置費用やランニングコストの問題から断念される事が多いようですが、「あえてこだわる!」ことで充実の空間を実現されています。
岡原2階ホール
  
 2階階段ホール。 手前に階段の窓があり、写真突き当たりのベランダ出入り口は、上げ下げ採風ドアになっていて、南北方向の光と風をコントロールして建物も人も健康的な状態でいられるよう配慮しています。

 最後に砂利敷き飛び石のアプローチ。

岡原アプローチ

撮影のあと、玄関両脇に素焼きのシーサーを設置しました。お引き渡しの前に「もうちょっと右!左はもうちょっと中向き~!」と、微妙な角度まで相談させていただきました。仕事を忘れて楽しい時間でした。
シーサー

そうこうしている間に、同分譲地内モデルハウスも完成に近付いていますし、新しいお客様との打合せもはじまっています。この時勢に忙しいなんてありがたいかぎりです! またご紹介していきたいと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/18(土) 09:40:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

オープンハウス!

 先月の末に当社分譲地「ヒルズタウン岡」 でお客様のご厚意もありオープンハウスを開催することができました。おかげ様で新規のお客様、OBのお客様などお忙しい中、ご来場いただき本当にありがとうございました。
 岡原正面
 屋   根:現場吹付けウレタン断熱+三州平板瓦葺き
 外   壁:現場吹付けウレタン断熱+サイディングt=15(15mm通気金具工法)+樹脂製幕板
 開口建具:内部化粧樹脂アルミサッシ+ペアガラス  
 備   考:天井裏設置24時間集中換気システム

  色目や柄は、廻りの景観も考えながらお客様と打合せながら決定していきました。
 何パターンものパースを見ながらうちの事務所で打合せをさせて頂いたのを思い出します。
  1. 2009/04/04(土) 09:29:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチリフォーム!

 先日、和風住宅(縁側があって、口の間、奥の間二間続きの和室があるような)の縁側建具の入替をさせていただきました。
 最近の設計でこそ、台風、暴風雨などを考慮してアルミサッシにペアガラスを用いるのが普通ですが、当時は木製のガラス入り建具に敷居兼用の木製レール(雨が入りにくい様斜めに削ってあったり、水返しを設けたり)が多く、戸締りの金具も真鍮製の差込錠であったりしたものです。暴風雨や戸締り時には、これまた木製ではありますが雨戸を閉めて対応するのが普通だったようです。

 木製とはいっても、悪いことばかりではありません。良く乾燥した目のちゃんと通った材料をつかっている為狂いも少なく、日本家屋にマッチしたデザイン、外壁や軒の木材と同じスピードで色ヤケ、風化して古さを感じさないし、木製なのでメンテナンスも容易です。昔ながらの日本の風土を考えた生活をする上では問題は無かったと思います。  しかし最近の住宅は気密化が進み、家屋の構造も複雑になって、一時的な湿気や雨水の浸入を許さない造りへと変わってきました。そこへ年に何度も暴風雨や豪雨があると、自然とお客様のニーズとしてはより頑丈で水密性の高いアルミサッシ+一体レール雨戸(もしくはシャッター雨戸)となってくる訳です。

縁木建具

 木製の建具を取り外す前。このお宅は雨戸のみは後付けのアルミ雨戸を取付ておられましたが、これも撤去します。

縁アルミサッシ

 アルミ雨戸一体のサッシに入替が終わったところ。このあとは内部の隙間や段差を白木の部材で調整したり、外部はシーリングやモルタル等で防水面の処理をして完了となります。そんなに見かけも変わってないと思いますし、工事も1日で終わりますので「雨水の吹き込みや建具のガタつきでお困りのみなさん!ぜひおすすめです!」 
  1. 2009/02/25(水) 11:54:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく足場がとれました!

 当社分譲地「ヒルズタウン岡」でお世話になっているお宅の足場がとれました。
岡原足場2
 まだ工事途中ですが、設計段階のイメージパースと比べてどうでしょうか?
 ここに、バルコニーの手摺、外構フェンス、カーポートなどのエクステリアが加わるとだいぶ近くなると思うのですが、実際は屋根瓦や外壁材のプリンターによる色目の違いだけでなく、作図する目線高さや想定する光源など実際出来上がった建物を見る状況と同じという訳にはいかないのが現状です。ですが、幸いこの仕事をさせてもらっていてお施主様に「実際と違いますね~」なんて言われたことはありませんので、お施主様もそのへんの事情はご理解いただいていると思っています。ただ、ビニールクロスや外壁材など、小さなサンプルをご覧になって実際大きな面になると「少し違うなあ」と思われることもあるようです。

 そこでいつもお話させてもらっているのが、

①薄く明るい色(白に近いほど)は、大きくなるとより薄くなります。
②反対に濃く独自の主張を持った色は、大きくなるとより濃く、存在感が強くなります。
③模様や形は小さいときは、凹凸や存在感が強く感じられますが、大きくなるとその特徴が薄れて感じられます。

 この三点をあくまで参考にと、必ずお話しています。たまに「そういわれても、いまいち解らへん」とおっしゃいます。そんな時には「2~3歩下がってご覧ください」
 
 みなさんも参考にしてくださいね!

 さて、内部はまだ大工工事中なので追ってご紹介していきたと思っています。
そうこうするうちに3軒隣では上棟の準備ができています。この現場はお客様がいらっしゃるわけではなく、モデルハウスとして利用する予定です。またこのブログでも紹介していきますので是非ご覧になってください。
上棟前
  1. 2009/01/18(日) 14:17:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年スタート!

 いよいよ新しい年がはじまりました。皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?
 世間では、「不況、派遣社員解雇、政治の混迷」など暗い報道ばかりですが、わたしとしては、逆に誇張された情報や人の噂話にとまどわされる事なく明るく、元気でいい仕事をしていきたいと思っています。 またこのブログも、工事や業務の進行に合わせた更新となりますので、いつものようにランダムではありますが継続していきますのでどうぞ宜しくお願いします。
  1. 2009/01/05(月) 10:36:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

まつばら

Author:まつばら
 つい最近まで仕事好きのパソコン嫌いだった私!
ブログなんてぇものが、いつまで続くのか?乞うご期待!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。